2007年07月16日

中古車を売る方法

クルマを売る一般的な方法は、「買取」「下取り」「個人売買」です。

1.買取
中古車査定は、車を買い取るお店がその車をいくらで買い取れるか査定して、売る人に金額を示す事です。
査定では、様々な視点で車の状態を念入りにチェックして、それから買取価格を判断しています。
査定にかかる時間は、だいたい1時間ぐらいであるといわれています。
もちろん査定 を受けたからといって、必ず売らなければいけないということはありません。
自分の車の査定価値が今いくらぐらいなのか、とりあえず査定を受けてみるのもおすすめします。


2.下取り
これは新しい車を購入する販売店で、今まで乗っていた車にその中古車相応の値段をつけてもらい、
次の車の頭金などにに当てるというものです。
新しい車がくるまでの間、下取り車を乗っていられる点、乗り換えの交渉や面倒な書類の手続きが1ヵ所でできる事、
古い車や不人気車でも値段をつけてくれる、というメリットがある一方、新しく購入する車の値引きと一緒になっている
ケースが多いため、 下取りに出す車の査定額がわかりにくくなっている場合があります。
交渉の際にははっきりと下取りと値引きを分けて交渉すると良いでしょう。


3.個人売買
知り合い同士での売買、雑誌を通じた売買、インターネットのオークションサービスなどを通じて売買することです。
特にオークションなどはインターネットの普及などで、利用する人は増えていますが お金の受け渡しや、
書類手続きなどのトラブルも少なくありません。
買取店を通さない分中間マージンを削減でき、 高く売却できる可能性もありますが、車の事こ十分に知らない初心者には
難しい売却方法であると思われます。
インターネットオークションで売却する場合、中古車査定額、中古車相場、中古車店頭価格など比較し、
しっかり価格設定すれば、中古車査定額よりも高く売れる可能性があります。
タグ:売る 中古
posted by さーてぃ at 08:28| Comment(39) | TrackBack(1) | 車を売る方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。